香取 淳の本棚

トップページ テロメアの報復 密やかな連夢 仙台文学など 文芸「草の丘」 CNFSV



香取 淳の本棚にようこそ!

連載小説『伊能忠敬と四人の妻』の第3回を文芸「草の丘」19号に掲載しました。
 今回は、最初の妻 達(ミチ)の死まで。忠敬に比べ遺された史実が乏しいミチの一生ですが、
 その割には活き活きと描けたのではないか……と自画自賛しています。2020.12.20

・『伊能忠敬と四人の妻』の第2回目を文芸「草の丘」18号に掲載。婿入りした佐原村での暮らしと
 祇園祭や河岸騒動での活躍を描きました。次回は、最初の妻 達(みち)との死別までの予定。2020.06

・『伊能忠敬と四人の妻』は、香取 淳にとって初めての時代小説。これまで殆んど書かれていない、
謎の多い忠敬の幼・少年期と伊能家への婿入りまでを描いています。2020.01
 
・「霧氷U」を、web同人誌 文芸「草の丘」15号に掲載しました。30年ほど前に、
「仙台文学」39号に投稿した「初めての小説」のリライトです。2018.12.20

・「宿場町と共に消ゆ-その3」を、web同人誌 文芸「草の丘」14号に掲載。
その1、その2と合わせて150枚ほどの中編小説に仕上がりました。2018.06.20

・「モミジのごとく」を文芸「草の丘」11号に掲載。終活に関連した死の在り方を問う作です。2016.12.27


「香取神宮」はペンネームの由来
香取 淳へのメッセージはこちらまで
inserted by FC2 system